[Shatar]


* 組み合わせゲーム理論入門 [#s923ad04]
#htmlinsert(amazon,transitional,"asins=432001975X")
// 4490102666 世界のゲーム事典
** Category [#hedf9562]
- 日本語
//- 英語

//- [[将棋]]/[[Chess>Chess(欧米他)]]
- アブストラクトゲーム総合
- 数学・自然科学
//- 情報科学/システム工学
// - パズル
//- その他

//- 雑誌
//- Mook
//- 一般流通していない文献

** お勧め [#uaf4fa7b]
☆☆☆
** 著者 [#wdf1b3eb]
- 著 Michael H. Albert
- 著 Richard J. Nowakowski
- 著 David Wolfe

- 訳 川辺治之
** 出版社 [#pa83b774]
共立出版 (2011)
** Review [#p447084d]
原題 "Lessons in Play: An Introduction to Combinatorial Game Theory"の邦訳です。本書では、Abstract Strategy GameをCombinatorial Game(組み合わせゲーム)と同義に定義し、様々なゲームに勝つための数理を解説しています。特定の数学理論など、前提知識のない読者が迷走しないためのガイドも充実して、ハンズオンな教科書の体裁を取っています。

[[参考文献/Winning Ways for Your Mathematical Plays Vol.1 - Vol.4]]と同様に、数学を駆使したゲーム戦略の解説が本書の軸です。2013年時点で、Winning Waysの邦訳本は見当たりませんが、同書に劣らない内容となっています。

また、本書では、ゲームについての研究動向も紹介されていることに加え、巻末の付録には、
- 降下帰納法の解説
- 本編の問題の解答
- CGSuiteという、汎用組み合わせゲームの数理的記述環境 (オープンソースソフトウェア)
- 本編であつかったゲームのルール集
が取り上げられ、周辺の情報や道具などにも注目しています。Winning Wayを読み解く前に、ぜひとも読んでおきたい一冊です。

>>
本書においても、組み合わせゲームの重要なカテゴリーとして[[nim]]などの[[Impartial Game]]が取り上げられています。本書で[[Impartial Game]]は、''不偏ゲーム''と訳されています。
<<
* SEE ALSO [#z4451e1c]
#related
#navi(参考文献)
* Feedback [#db38eed6]
&facebooklike(400x180,action="like",scrolling="yes",show_face="true",layout="standard",colorscheme="light",align="right",float="right",rlmargin="10");
#vote(おもしろい[1],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[1])
#vote(おもしろい[1],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[2])
//#pcomment_nospam(noname)

TOP   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]