[shogi perfect]


* HISTORY [#a252c4ad]
''格五''は、宋朝以後文献の中に存在するだけで、実際にプレーした絵画や図は、見つかっておらず、
古典にのこされた断片的な文から、このようなゲームではないかと推測されています。
以下の資料にもあるように、[[跳び将棋 / 跳び碁]]や、[[Halma]]や[[Chinese Checkers / ダイヤモンドゲーム]]と発想を共有するゲームです。

日本語の情報はほとんどないため、
中国語圏のサイトから情報収集をおこないました。((ありがとう、Irvine Systemsの中国語スタッフ-王さん、馬さん-&wink;))

[[中国語のWikipedia>http://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E6%A0%BC%E4%BA%94]]には、次のように記されています。
>
''格五''、または塞戲、簺戲、蹙戎、蹙融,中国古代の二人対戦の''棋類''ゲーム、
直線[[Chinese Checkers / ダイヤモンドゲーム]]です。
&br;
日本人は''格五''を五目並べと間違いましたが、ルールと勝利条件は全く違います。
&br;&br;
このゲームは秦漢時代に(当時''塞戲''または''格五''と呼ばれていました)流行しました。
文献には象棋(将棋)と継承関係があるといった記述はありません。
中国湖北雲夢西漢墓から発掘された''塞戲''の碁盤と甘肅武威磨嘴子漢墓から発掘された塗りの木製人形で、
漢代邊韶《塞賦》に記載された''塞戲''のやり方を検証できます。
南北朝に《簺法》や《簺經》''格五''専門の書籍まで出ました。
唐朝の顏師古注《漢書》も大体同じ書籍と見られます。
書籍の解説によると、''格五''のようなゲームはお互いの碁石の行き方を塞いで、相手に動かせないようにすることが目的です。 

[[互动百科>http://www.hudong.com/wiki/%E6%A0%BC%E4%BA%94]]には、以下のように記されています。
>
''格五''は漢朝から齊朝の史書に記載されました。漢朝初期の吾丘寿王、漢朝後期の梁冀、
齊朝の沈文季とも''格五''の名手でした。《漢書》の顏師古((唐朝初期の人物))の解説はこのゲームに対する現存の一番古い解説文献です。
また、顏師古と同じく唐朝初期の人物であった李賢は《後漢書》の解説でこのゲームに触れています。
彼らの解説によると、唐朝初期かもっと前か、このゲームは''簺''という名前
で知られることになったため、''格五''という名前を知る人は少なくなったようです。''格五''または''簺''は、漢朝から南北朝までは人気のあったゲームで、専門の書籍が出版されたという記述もあります。
''格五''または''簺''(のルール)には、唐朝以後さらに変化がありました。
多くの学者が検証をしましたが、いまも具体的な遊び方は不明です。
''格五''に関する記事は宋朝初期の楊侃の《兩漢博聞》、黄朝英の《靖康緗素雜記》、
有名の《說郛》、《玉芝堂談薈》、《通雅》、さまざまな書籍に記載されました。
《漢書》 と《後漢書》以外の書籍は''格五''ともう一つ''蹙融''というゲームを繋いで、
宋朝の''蹙融''は古代の''格五''であると考えました。(正しい書き方は''蹙融''か''蹙戎''か、
まだ異論があります。)''蹙融''や''蹙戎''は唐朝宋朝の言葉ですが、これが
本当に古代の''格五''であるのかどうか、はっきりしていません。
&br;
:《靖康缃素杂记》|「世俗有蹙融之戏,谓以奕局取一道,人各行五棋,即所谓''格五'' 也。」
:《梦溪笔谈》|「蹙融或谓之蹙戎,《汉书》谓之''格五'',虽止用数棋,共行一道,亦有能否。
徐徳占善移,遂至无敌。其法已常欲有余裕而致敌人于险。虽知其 术止如是,然卒莫能胜之。」

>
両書籍とも、''蹙融''は''格五''であるとしてありますが、証拠はありません。
しかし、この解釈は採用されています。
:《酉陽雜俎》|「小戲中於奕局一枰,各布五子,角遲速,名蹙融。予因讀《坐右 方》,謂之蹙戎。」

>
ここでも''蹙融''は''蹙戎''と書くべきとしていますが、''格五''と同じものであるとは書いてありません。
ゲームの遊び方を見ると、''格五''では相手の碁石の行先を塞いで動けないようにしますが、
''蹙戎''では自分の碁石をなるべく早くゴールに到着することを目的としています。
&br;&br;
''格五''は碁石5個を使いますが、''蹙戎''は5個または6個を使うとも言われていますので、この二つは違うゲームであるとも推察できます。

** 参考: 格五に関連する記述があった中国の年代 [#o4548836]
- 秦朝:西暦前221年~西暦前207年
- 西漢(前漢):西暦前202年~西暦9年
- 東漢(後漢):西暦前25年~西暦220年
- 南北朝:西暦420年~西暦589年
- 南北朝の齊朝:西暦479年~西暦502年
- 唐朝:西暦618年~西暦907年 



* BOARD & PIECES [#od09844c]
碁盤を用いて、プレーしたともいわれています。
碁盤を使う場合は、19路のうち1路のみを用いて(19x1のボードとして)プレーします。
碁石は、それぞれのプレーヤーが自分の色を選び、それぞれ5個ずつボードの端から
並べてゲームを開始します。

各手番でプレーヤーは、
- 碁石を空いてるところに移動させる
- 前の一個や数個並んでる碁石を跳び越える


* GOAL [#z8a91102]
自分の碁石を5個全部を相手のスタート地域に先に移動させたプレーヤーが勝ちです。

5個碁石を相手のスタートに移動させても、
相手が4個を自分のスタートに移動させた場合は引き分けとなります。

* NOTE [#yc7a099a]
''格五''は、[[五目並べ]]のページへの(おそらく台湾の方による)コメントをきっかけに調査をしました。

* SEE ALSO [#u4e6a659]
#related

* Feedback [#ad27c29f]
&facebooklike(400x180,action="like",scrolling="yes",show_face="true",layout="standard",colorscheme="light",align="right",float="right",rlmargin="10");
#vote(おもしろい[0],役に立つ[0],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[1])
#vote(おもしろい[0],役に立つ[1],興味ない[0],理解できない[0],やってみたい[0],食べてみたい[1])
//#pcomment_nospam(noname)

TOP   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS   [Privacy Policy]